電車

電車で席は全部埋まっていて、立っている人があまりいない時、かつ早く(近い駅で)座りたい時、誰の前に立つと座れる確率が高いかを考えたことがある。
僕が狙うのは、7人掛けの場合、端や真ん中を除く、買物帰りのおばちゃんと思われる人の前だ。この手の人は大抵早く降りる。また、一人で乗っている高校生(公立)なども早く降りる。
NGなのは、両端(長く座ろうと思って、始発からずっと並んでまで乗る人が多い)と真ん中(両端の次に埋まる)、また分厚い本を持っている人の前など。
この法則、時間帯や路線によっては通用しないけど、結構行ける。

また、一番前の車両は結構空いている場合も多い。改札や乗換があまり配置されていない場合が多かったり、JR尼崎線の事故以来、乗る人が減った気がする。でも、主要駅の乗換や改札が一番前の場合は、むしろ混む。

こんなことを考えながら電車に乗ってみるとおもろいかも。。。

広告を非表示にする