受けるより与える

じゅんぽろがアップしてくれたけど、昨日は新居が見学会(バスツアー:構造現場)に使われた。工務店と打合せを始めた当初、正直言って、我が家は見学会などを依頼されても、何となく「断ろう」と僕の中では思っていた。自分の思いは、家なるものはあまり人様に見せるものではなく、工務店と自分達で黙々と検討して、建築を進めていけばいいというものだった。

ところが、打合せを進めるうちに考えが変わった。僕らもいろいろな人に見せてもらって、すごく参考になったので、自分達が役に立てることがあれば、他の人にも工務店にも貢献したいという気持ちに変わった。

そして、昨日はあいにくの雨にも関わらず、30人弱が参加して、いろいろ参考になったという声が聞けた。ホントに良かったと思う。じゅんぽろは僕以上に、工務店の営業さん状態になっていた。驚き。。。

最近いろいろな所で、聖書のある箇所が示されている。
「受けるよりも与える方が幸いである」
昨日の礼拝のメッセージでも、そのことに気付くことが「神様の恵みが膨らむ分岐点」というような話があったが、真理だなと思う。世の中の常識では受ける方が恵まれると思いがちだが、神様は与える方が恵まれると言う。そのことが実生活を通して、少しずつ理解できるようになってきた。これからも与える者として生きていきたい。

広告を非表示にする