結婚式など

今日(もう昨日になってしまったが)、我が教会で教会員同士の結婚式があった。よくここにも書き込んでくれるH兄弟(通称)とY姉妹の素晴らしい式だった。この場をお借りして、改めておめでとうございます!
式の中で、牧師のメッセージに「愛は与えるもの」というような話があり、その重要性を再認識させられた。また、長老からも二人に祝辞があり、「いつまでも残るのは信仰、希望、愛で、その中で一番すぐれているのは愛」(第一コリント13:13)というみことばもあり、与える愛を実践している二人から、気付きを与えられた。
ところで、先日お祈り戴いたじゅんぽろの肺炎の件、おかげさまで徐々に快復しつつある。ありがとうございます。でも、まだ完治していないので、引き続きお祈り戴きたく、お願いします。
そんなじゅんぽろは、2週間ほど寝ている生活だったが、今日は結婚式に一緒に行くことができた。感謝!奉仕は僕が禁止したが、何とか式を見ることができて良かったと思う。じゅんぽろはホントによく奉仕するので、僕が禁止しないと絶対に動きまくって悪化するので、忍耐してもらった。本人にはつらい期間となっているかも知れないが、僕は各々が自分を見つめ直す良い機会だと思っている。
そして最後に、今日は僕らも結婚記念日だった。この日に改めていろいろなことを学び、夫婦として大事なことを各々見つめ直すことができて、良い一日だったと思っている。これからも毎日、最高のパートナーが与えられていることを感謝して、過ごして行きたいと思う。じゅんぽろ、また宜しく!

広告を非表示にする