クリスマス感動感動の連続

明日のクリスマスコンサートを前に、既に感動感動の連続である。書かずにはいられないけど、言葉で表現するのって難しいなと思いながら、でもちょっと書いてみる。
昨日は午前中、教会でクリスマスファミリーコンサートがあった。自身の体調は悪く(鼻風邪が残ってしまった)、喉に鼻水が落ちてきて、歌は高い声を中心に出ないし、息は続かないし、全然ダメだった。明日のコンサートでは主に委ねて歌うしかないなぁ。

でもでも、そんなことをすっかり忘れさせてくれるような出来事が2つあった。

一つは昨日の夕方に行ったトラメイン・ホーキンスさんのコンサート。
彼女はグラミー賞を受賞するなど、アメリカでは(世界ではかな?)超有名なゴスペルシンガー。このコンサート、ドニーマクラーキンさんの時以来かな、ただただ感動しっ放しだった。彼女の美しい声、主を賛美する姿、そしてクワイヤーとお客さん達もイエス様によって引き込まれていた気がする。最初から最後まで、イエス様の素晴らしさ、力強さ、愛などに満たされ、僕は自然に立ち上がり、手を挙げ、賛美し続けた。体調は悪かったが、一気に元気をもらい、励ましを受けた。29日にもコンサートに行くので、今からものすごく楽しみ。

もう一つは、今日の洗礼式。
9人が受洗した。子供も多く、それぞれが各々の形で主に導かれ、信仰を告白した姿を見て、久々に涙が止まらなかった。
子供達は教会学校で学んだことがしっかりと刻み込まれていたり、小さいなりにもしっかりと考えていたりと聞いていて感心した。
大人もやはり数々の試練を乗り越え、イエス様と出会っていく証しをして、これにも感動を覚えた。
みんなのことを書きたいけど、僕が特に関わりを持っていた人達のことを少し書きたい。

一人は僕が教会に通い始めた時に生まれた子。keittyの娘さん。僕は10年前に通い始めたが、ちょうどその時彼女が生まれたので、ものすごく印象に残っている。そんな彼女が立派に成長している姿を見て、自分のことのように嬉しかった。この辺から涙が出始めた。
また、ある夫婦のことだが、この二人とはいろいろな機会に話しかけ、いろいろ話をしてきたので、今日洗礼を夫婦揃って受けている姿を見て、涙が止まらなくなった。
そしてそして、ブログにもいつも書いてきた娘の父さんご夫婦の娘さんが信仰告白をしている時に、もう完全に泣いている自分に気付いた。
彼女は幾多の困難を乗り越え、特にある夏にプールで転んでしまって、もうお医者さんにダメですと言われた日から奇跡的に復活し、今日洗礼を受けて・・・ああ、もう書いているだけで涙が出てきてしまう。
ご両親の喜びは僕らの想像を遥かに超えていると思うが、イエス様のなさることはただただ素晴らしいと感じずにはいられなかった。

じゅんぽろも教会学校で関わっている子供達が受洗したり、いやもう全員に対して、またイエス様に対して、僕ら夫婦で共に感動していた。
そうそう、ひみつのあっこちゃんの息子さんも、本当にしっかりした証しをしていて、ただただ感動した。

明日はまたクリスマスコンサートで感動に浸りたい。イエス様って、素晴らしい。グローリー、ハレルヤ!!!

広告を非表示にする