家に帰る

去年は買わなかったけど、今年はなんとなく買ってみたWOW GOSPEL 2010

1枚目にKurt Carrの"God is a healer"という曲が入ってます。
曲の中でKurtが、Timothy Wrightのことを話してたのね。癒しを祈っていたという方が正しいかな。
この曲が入ってるアルバムは持っているのだけど、気がつかなかった。

Timothy Wrightといえば、この曲の印象が強いです。

Rev.Timothy Wright(レヴァレンド ティモシー・ライト と読む)は、ニューヨークブルックリンにある、Grace Tabenacle Christian Center C.O.G.I.Cの牧師でした。多くのゴスペルシンガー・アーティストたちからの尊敬を受けていた、素晴らしい讃美者でした。

一昨年2008年に自動車事故に遭遇し大けがを負ったものの(同乗の妻と孫は死亡)、奇跡的に回復を遂げつつあった2009年4月の終わりに61歳で亡くなりました。

そのRev.Wrightの通夜に相当する集まりについていた名前は

Music Celebration

そして、葬儀にあたる集まりは、

Homegoing Celebration

お葬式なのに、お祝い!?(Christmas Celebrationならよくわかるけど…)

この世を去るのに、家に帰る!?

素晴らしいと思います。

死でさえも、喜びの祝いに変わる。

この世の命の終わりは終わりではなく、帰宅の合図。

神さまのモノサシは、しつこいけど本当に、この世の発想とは異なる。

すごい!とおもう!

『悲しむ者は幸いです。マタイ5:4』

広告を非表示にする