今日もありがとう

マリちゃんとリサちゃんのユニットWingsのアルバムに入っている曲で、八木重吉さんの詩「仕事」をもとにして、マリちゃんが作ったもの。

                      • -

生きること
信ずること
キリストの名を呼ぶこと
人をゆるし できるかぎり愛すること
それを私の一番よい仕事としたい
(「仕事」 詞:八木重吉 曲:衛藤真理)

                      • -

あれをしなくちゃこれをしなくちゃ、
あれをすべき、これをすべき、


そういうことに心身ともに忙殺されるのではなく、
この詞にあるように、
自分にとって、仕事の本質とは?
この詞は仕事の本質どころか、生きる本質かもしれません。
このように生きたい、と願わされます。



それからね、もう1曲。この曲に深い慰めをもらっています。

                      • -

寒い冬をしのぶ草花は やがて春のおとずれとともに
輝く朝 花咲く時が来て 実りの日に喜びの声あげる


何も見えなくても 何も感じなくても
心の耳を開けば 主の み声がする


いくつもの夜を夜もすがら 泣き悲しんでも
輝く朝の光が かならず訪れる
心くじけそうな時も 主を待ち望むなら
立ち上がり 喜びの声をあげる時が来る
(「実りの日」 詞曲:衛藤真理)

                    • -

…説明不要だね。


わたしの肉の目で何かが見通せてなくても、
私の心が苦しくて、たとえ下を向いたりしているときでさえ、
主よ、と、ひとこと主の名を呼び、
心の目と心の耳を主に向けようとするならば、
主は、その声を聞かせて下さる。

主を待ち望みながら、とにかく、今日一日を生き抜く。



私を励まし、慰め、力をくれるイエスさまと、そしてたくさんの人達に、


今日もありがとう。

広告を非表示にする