独り言

泰然自若

広告を非表示にする

MBSR One dayリトリート

昨日のワンデーリトリートのメモ。

 

朝9時集合。

午前中は、座る瞑想、座位のヨガ、座る瞑想、歩く瞑想、それぞれたっぷり時間を取って実施。

正午前から13時までお昼。各自で、食べる瞑想をしながらすごす。

13時からは、近くの公園に行って歩く瞑想。

戻って、14時前からは2時間くらい各自で、正式な瞑想トレーニング(座る瞑想、ヨガ、ボディースキャン、歩く瞑想)を、各自の必要に応じてやるようにと指示。

16時くらいから、再び全員で座る瞑想。

16時半くらいから、2人組になってシェアリング。

17時前に終了。

貝谷先生からありがたいお話を頂いて、

 

で、ここからは振り返りメモ。

朝:

いつものメンバーから1人2人欠けていたかな。Y先生から、朝から16時過ぎのシェアリングの時間まで、基本的に誰とも喋らないで過ごすように、アイコンタクトもなるべくしないようにとのお達し。途中トイレは自由に行っていいけど、マインドフルに行って帰ってきてとのこと。そして、「自分のためにだけ一日時間を使えることを感謝し、ここに来るために家族や仕事関係の人に少なからず犠牲を払ってもらったことにも感謝して、一日を始めましょう」と、Y先生。

 

座る瞑想は、椅子使わないでやってみた。座布に座る感じにしたら、いい感じ。でも、集中力は本当に数分ももたない。すぐ夢ごこちになってしまう。座位を保つのも背中と首がすぐ凝り固まってくる。どうにかならんもんかと思う。それから、目を開けてやってみた。遠くに見える木の揺れだけに集中したら、これまたちょっと新しい感じで、良かった。

 

歩く瞑想にずいぶん時間をかけたようだったね。アレクサンダーでやったときみたいに、前に体を傾けて、バランスをとりたくなって足が出る歩き方とか、腸腰筋を意識するとか、いろいろやってみた。アクアウォークは歩く瞑想に向いていると改めて思った。また行こうと思う。

 

終わってみればあっという間の午前中。

 

 

広告を非表示にする

マインドフルネス メモ

"今"という瞬間の現実を十分に意識し理解しようとしない限り、変化や成長や治癒力の育成は望めないのです。

 

新しい可能性というものは"現在という瞬間の現実"の中に含まれているのです。

 

Jカバットジン著 マインドフルネスストレス低減法

P136,137より抜粋

広告を非表示にする

ごきげんゴスペル

 いいわーこのアルバム。ゴスペルあるある満載で、好き。

Just Having Church Live

Just Having Church Live

 

 

広告を非表示にする

心が逸れる

なぜこうなったのか?ばかりにこだわっていると、神から心が逸れる

広告を非表示にする

詩篇46:10

He says, “Be still, and know that I am God;

 

誕生日に与えられたみことばでした。感謝。

広告を非表示にする