ペア・コンビ系

北京五輪では、いろいろなペア(コンビ)が出場するが、その中から女性選手について少しだけ。
バトミントンでは、「オグシオ」こと小椋・潮田組が注目されている。マスコミは盛り上がっているし、世界ランクも上位なので期待大と言われているが、ベスト8が妥当かな。組合せ発表前からそのように予想していたが、ベスト8で強豪と当たることが確定したので、それ以上は苦しそう。
また、オグシオほど取り上げられていないが、同じくバトミントンの末綱・前田組も、世界ランクではオグシオの次である。しかし、こちらもベスト8が妥当か。
一方、セーリングの470級で、「コンカマ」こと近藤・鎌田組はメダル候補だ。世界ランクは1位だが、この種目は天候・風・相手との駆け引きに左右されるので、どうなるか?頂点は無理でもメダルの期待は大きい。

広告を非表示にする