誰かに信じてもらえると嬉しい。

But without faith it is impossible to please Him, for he who comes to God must believe that He is, and that He is a rewarder of those who diligently seek Him.

信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。ヘブル人への手紙11章6節

世の中に神と呼ばれるものは多い。その中で「信じてくれたら、それだけで嬉しい」という神がいるだろうか。

多くの場合、神と呼ばれる存在を喜ばせるために人間に求められる犠牲は、行い、モノ、金銭、時に人の生身だったりする。それは太古の昔からそうだ。

しかし、聖書の神さまは、全く発想が違う。

「わたしを信じてくれたら、それが何より嬉しい」

それが、聖書の神さまの言い分。

わたしたちだって、自分を信頼してくれる人がいることが、どれほど生きる力になるか。

こういう神さまだから、私たちの気持ちを本当によくわかってくださる。

わたしたちの喜びも、悲しみも、苦しみも、幸せも、すべて、理解して、共有してくださる。

There is none like YOU!

広告を非表示にする