自転車

5年ぶりくらいに自転車に乗り始めてお尻が痛いですが、そんなのなんてことありません。
自転車に乗り始めて、いろいろ気がついたことがありますが、一番驚いたのは、他の自転車のスピードが速いこと。本格的な人はもちろん、ママチャリも学生も、みんな速い!

それから、マナーと安全を守って走ろうという意識のある人と無い人もはっきりしてる。

Number Webの記事の中に、自転車通勤の注意ということで、こんなくだりがありました。


●左側通行の厳守
●信号を守る(何を当たり前を、というなかれ)
●夜間無灯火の厳禁
●基本は車道通行、歩道上は必ず徐行(歩行者にドケドケとばかりにベルを鳴らすのなんてのは論外)
●飲酒運転はしないこと
震災で麻痺した東京の都市機能。自転車通勤を始める人に5つの提言。(5/5) - Number Web : ナンバー


週に5日以上は車に乗っていた私は、車から見た自転車の危険性は認識しているつもりなので、ドライバーの気持ちを予測しながら気をつけて乗っています。例えば交差点で車とはち合わせた時は、ドライバーさんの顔をガン見してアピールしたり。他の自転車や人を追い越す時も、車で追い越す時と同じ注意(後ろから高速のチャリが来てないかどうかを確認するとか)をしながら、気をつけて乗っています。

そんなおおげさな、と思われるかもしれないけど、チャリって実は結構危ないんだよ。自分で車を運転するようになってから思い知りました。自転車は、道路交通法で立派な「軽車両」。

でも自転車乗ってみると、車道を走るのはやっぱり怖いです。車の方も、自転車が車道を走るのを邪魔だと思ってるしね。車道の細い路側帯を自転車が車道を走るのは、実際危ない。自転車は、歩行者に気をつけながら歩道を走る方が、結果的に車にとっても自転車にとっても安全な気がするな…。

数日前に自転車屋さんに行ったら、自転車がものすごく売れてるそうで、高価な自転車でもみんなばんばん買っていく、とチャリ屋のおにいちゃんが言っていました。自転車人口が増えるのは、私も含め、いいことだと思うけど、気をつけて乗らなきゃね。ガソリン供給元に戻っても、雨が降らなきゃ自転車でもいいかな、と思ったりしています。

広告を非表示にする